このサイトについて


当サイト、「芸術プログラミングについて」では、「芸術作品を作る人」「音楽作品を作る人」が持っていると、時々役に立つプログラミングの技術などを投稿していきます。
また、最近日記をなんとなくポストしたりもしています。

芸術系の学校で、プログラミング言語を用いた作品を作っているのに、きちんとプログラミング言語を教えてくれる授業がなくて辛い!という、昔の自分を救済する目的で作り始めたサイトです。
他に数多あるProcessingの入門サイトとこのサイトの最大の違いは、完成物の目標を「長時間展示可能なもの」「舞台上で時間軸を伴って発表できるもの」に設定している事です。

Processing入門と銘打たれているサイトの多くは、Processingの機能(円を描く、画像を表示するなど)を中心に扱い、1枚絵を描き上げることを目的にしていて、「じゃあ実際それを使ってどうすれば実際展示に耐えうる作品が作れるのか」、というところにあまり触れていないことが多く、実際僕もそれで学生時代にとても悩みました。

このサイトでは、芸術系の映像プログラミングと相性の良いオブジェクト指向の考え方を中心に、Processingそのものの入門というよりは、「プログラミングを用いてどうやって作品を組み立てていくのか」という内容を扱います。

興味のある方は是非じっくり読んでいってください。